ホーム » 未分類 » 金利が安い

金利が安い


消費者金融や銀行のカードローンで同様のことがいえますが、とにかく最初の限度額が高くなっていくほど金利が下がりやすくなっています。銀行カードローンだと限度額が低い状態となっていても、上限の金利が15パーセント以下になっているケースが多く、消費者金融以上に有利といえるでしょう。

カードローンでは金利が限度額で段階的に分けているケースも少なくありません。契約書をチェックすると明確に記載されていますが、消費者金融だと限度額が200万円となっていた場合、金利が高くなっていることもあります。しかし銀行カードローンだと限度額200万円に対して、時には10パーセント以下で金利を提供していることもあります。借り過ぎてしまうことは要注意となりますが、限度額が高くなっているのは安心と言えるでしょう。

しかし何も考えないで銀行カードローンをいきなり申し込んではいけません。カードローンを提供している銀行に対して口座を作っておいたり、自ら行える対策は全て講じておくことが必要になっていきます。これが信頼度を上げていきますので、カードローンを安心して利用できるポイントとなるでしょう。必要な書類などについてもチェックしておき、金利の安さをチェックしておくことも必要です。時には比較をしながら、複数のカードローンを申し込まないようにしましょう。