ホーム » 未分類

カテゴリー別アーカイブ: 未分類

審査前の対策


審査に通るために、受ける前に対策をあらかじめ練っておきましょう。銀行カードローンというのは厳しくなっていますが、消費者金融に申し込むとスムーズに終えることもできます。しかし銀行カードローンでも審査に通るために、コツを掴んでおくといいでしょう。

銀行というのはカードローンを組んでいく以外にも預金を作ることができます。これは消費者金融にはありませんので、このシステムをしっかりと利用していくようにしましょう。最初にカードローンへ申し込んでいこうとする前に、対象となる銀行へ口座を作成しておきます。すると銀行と取引をある程度行うことができるため、信用度合いがアップしていきます。するとカードローンの審査が有利に進んでいく傾向がありますので、非常に便利といえるでしょう。さらに給与振込であったりクレジットカードを引き落とす際の口座、また生活費として光熱費などを引き落とす際の口座に指定すると、実績となって審査で通りやすくなることがあります。

銀行などにおける金融機関では、個人が持っている信用が大きなポイントとなっています。銀行カードローンを申し込んでいく時、審査で優遇になるように事前の行動を行っていくようにしましょう。これが審査前の対策となっていきます。


審査が厳しい


金融機関からカードローンを利用するには、審査にクリアしなければなりません。そのためにも気を付けておかなければならないポイントは色々とありますが、審査は厳しいところがあります。最近では申し込みをインターネットによって行う機関が増えてきています。しかしやり取りをインターネットや郵送によって行いますので、短時間であっという間に完了します。これが審査で落ちてしまった時、インターネットだからと何度も申し込んでしまうこともあります。こうなってしまうと何回も落ちてしまった場合、個人の信用度合いが大きく変化してしまい、カードローンの申し込みができなくなってしまうことがあります。

カードローン審査について、どうしても不安という人は消費者金融と比較して審査が少し厳しい内容の銀行カードローンを避けてみるといいでしょう。特に手頃なインターネットによる銀行は簡単に申し込んでいくことができますが、極力辞めていく方がいいでしょう。自分にマイナスとなる要素があるという点を自覚しておき、審査に個人情報を提供しないことがベストと言えます。

その一方で消費者金融のカードローンは簡単に通るケースもありますので、限度額や金利についてあらかじめ把握しておきましょう。そして申し込んで、カードローンの審査に臨んでいくようにしましょう。

参考サイト→→消費者金融「新生銀行NOLOAN」はこちら
銀行系消費者金融のカードローンです。安定した収入があればアルバイトの人でも利用ができます。


金利が安い


消費者金融や銀行のカードローンで同様のことがいえますが、とにかく最初の限度額が高くなっていくほど金利が下がりやすくなっています。銀行カードローンだと限度額が低い状態となっていても、上限の金利が15パーセント以下になっているケースが多く、消費者金融以上に有利といえるでしょう。

カードローンでは金利が限度額で段階的に分けているケースも少なくありません。契約書をチェックすると明確に記載されていますが、消費者金融だと限度額が200万円となっていた場合、金利が高くなっていることもあります。しかし銀行カードローンだと限度額200万円に対して、時には10パーセント以下で金利を提供していることもあります。借り過ぎてしまうことは要注意となりますが、限度額が高くなっているのは安心と言えるでしょう。

しかし何も考えないで銀行カードローンをいきなり申し込んではいけません。カードローンを提供している銀行に対して口座を作っておいたり、自ら行える対策は全て講じておくことが必要になっていきます。これが信頼度を上げていきますので、カードローンを安心して利用できるポイントとなるでしょう。必要な書類などについてもチェックしておき、金利の安さをチェックしておくことも必要です。時には比較をしながら、複数のカードローンを申し込まないようにしましょう。


カードローンの利点


多くの金融機関でクレジットカードやカードローンなどがありますが、銀行カードローンというのも多く提供されています。お金を借りる時には消費者金融に頼ると考えてしまう人も多いですが、銀行カードローンによってお金を借りていくことができます。さらに銀行口座を一切持っていない状態でも利用することが可能となっています。個人向けだと使い方は基本的には自由となっており、担保は一切必要としていません。カードローンによっては無担保型といわれているローンとして提供しているケースがあります。自由に使っていいカードローンの使い方ですが、対象外として事業資金には利用することができません。

そんな銀行カードローンで借りて行くメリットというのは、近年借り過ぎの対策として採用されている総量規制の対象外になっているという点です。総量規制というのは貸金業者が対象となっている法律で、借入れることができる金額の上限は年収の3分の1までとなっています。例えば年収が300万円という人は、消費者金融から借入れていくことができるのは最高で100万円となります。しかし銀行カードローンは総量規制の計算外となるため、年収を意識しないで借入れていくことが可能となっています。

しかし年収の上限が決まっていないという点で、銀行カードローンを借りすぎるのは危険ですので、メリットを把握するとともに返済方法も理想的な流れを理解する必要があります。返済は消費者金融よりも利息が低く設定していますので、多く利息で返済金を取られる心配がありません。